厳選!高級注文住宅デザインカタログ

本当に価値のある高級注文住宅を建てるには

大理石とアイアンが美しい家

Iron(アイアン)とは鉄のこと。建築では、ローマ時代から、マリーアントワネットのバロック時期、そして現代まで、古くから今にいたるまで、広くヨーロッパで親しまれています。
もちろん日本でも今、門扉、フェンス、表札、看板などの屋外のもの、階段手すりやインテリア雑貨など、クラシカルな雰囲気を醸し出すロートアイアンが根強い人気です。

高級住宅において、大理石の美しさを取り入れる方も多く、山川設計でもラグジュアリーな空間を演出する方法として、実例も多いです。その一部の施工例をご紹介します。

高級住宅施工例 美しいアイアンに彩られたクラシカルな邸宅

アイアンが彩る美しき邸宅【山川設計】外観 アイアンが彩る美しき邸宅【山川設計】玄関アプローチ
アイアンが彩る美しき邸宅【山川設計】吹き抜け アイアンが彩る美しき邸宅【山川設計】吹き抜け2

玄関から迎えられると、はっとするほど美しい吹き抜け。30畳もの大空間があるラグジュアリーハウスです。大理石を使用し、床に美しい絵を描いた玄関ホールが広がります。両サイドと地下へとつながる階段まわりには、ヨーロッパが香るアイアンの手すりが引き立ちます。建て主がまさに空想の中で描いた絵を山川設計に伝え、見事に形になったのが、このクラシカルな玄関ホールとのことです。
リビングなどの室内においても、アイアンと吹き抜けによってクラシカルな雰囲気を統一し、高級感あふれる家具や煌びやかなシャンデリアがさらに質の良さを感じさせるアクセントとなっています。

アイアンが彩る美しき邸宅【山川設計】 アイアンが彩る美しき邸宅【山川設計】

施工DATA

敷地面積 1,607.91平方メートル
延床面積 997.75平方メートル
地階 279.92平方メートル
1階 417.27平方メートル
2階 300.56平方メートル
構造 RC造
用途地域 第一種低層住居専用地域
家族構成 夫婦+子供2人
 

高級住宅施工例 アイアンが目をひくフレンチテイストの家

アイアンが楽しい家【山川設計】リビング アイアンが楽しい家【山川設計】リビング2

プチ・パリとも呼ばれフランス人が多く住む東京神楽坂。この邸宅は、そんな街並みに似合うフレンチテイストのデザインが魅力的です。外観は、白い石塗りの壁に、大きな窓。そして、黒のアイアンがアクセントとなり、ひと際目を引く仕上がりとなっています。室内に入ると、大勢でもパーティが楽しめる50畳ものLDKが広がり、大きな窓から差し込んだ光がさらに明るい空間を演出します。

デザイン性を追求しただけでなく、使い勝手も考えられているのが山川設計流。50畳の大空間は、透明の引き戸でDKを独立させて仕切ることもできるとのこと。地下1階には、シアタールーム、奥様のためのアロマテラピースクール兼施術サロンとして使用できる部屋も用意されています。

アイアンが楽しい家【山川設計】シアタールーム アイアンが楽しい家【山川設計】外観

施工DATA

敷地面積 142.18平方メートル
延床面積 314.85平方メートル
地下 84.73平方メートル
1階 81.71平方メートル
2階 84.41平方メートル
3階 64.00平方メートル
構造 RC造
用途地域 第一種住居地域
家族構成 夫婦+子供2人