厳選!高級注文住宅デザインカタログ

本当に価値のある高級注文住宅を建てるには

RC住宅へのこだわり

鉄骨系からコンクリート系、木造系など、あらゆる工法で理想の住まいを提案してくれる山川設計ですが、なかでもこだわっていて強みとなっているのが「RC造」です。その基礎的知識やメリット、施工例もここにご紹介したいと思います。

山川設計がこだわるRC造

RC造とは鉄筋構造とコンクリート構造を組み合わせた「鉄筋コンクリート」構造のことです。英語でReinforced Concrete(補強されたコンクリート)という意味で頭文字が省略されています。

今、この構造が大変評価されており、この山川設計では、お客様の要望を叶えるために、RC造の家を提案し、多くの設計をしている実績があります。これまでの実績が評価され、この構造の高級注文住宅を選ぶ方が増えています。

RC住宅のメリット

では、RC構造とは具体的にどのようなメリットがあるのかご説明します。

「鉄筋構造」は、防音性が高く、引張力に強く、圧縮力には弱い欠点があります。「コンクリート構造」は、防音性と耐久性、圧縮力に強く、引張力に弱い特徴があります。

一方、RC造は、鉄筋とコンクリートの欠点をそれぞれ補うことができ、優れた耐久性を実現する、画期的な工法なのです。

大空間設計を可能にしたRC住宅の壁式工法

このRC造には、柱型や梁型で骨組みをつくるラーメン構造と骨組みはなく壁と床、天井で建物を構成する壁式工法のふたつがあります。

山川建設で多く採用されているのが柱型や梁型が部屋内部に見えない壁式工法で、広々として開放感がある空間づくりを実現しているのです。

RC造だからできた大空間デザインの施工例

山川設計では、RC造で非常に多くの家を設計しています。どの邸宅も、他の構造方法にはない、広く開放的な空間づくりが評判となっています。その代表として都内にある邸宅の写真をご覧ください。

【施工例】 RC造で叶ったゆとりの大空間リビング

真っ白な壁には、柱はなく、穏やかな光を感じる大きな窓だけで、すっきりとしたリビングとなっています。ヨーロピアンムードが香るアイアンの階段が美しいアクセントに。何ひとつ無駄のない空間に、設計のセンスを感じます。

■構造:RC造 ■敷地面積:501.60平方メートル ■延床面積:506.85平方メートル